スライスの原因を理解して対処しよう

スライスの原因を理解して、
対処法をマスターする事についてご案内します

スライスの方は、球がつからまらない場合、
オープンフェイスになっています。

ほぼ100%の方がそうなっています。

チェックポイントは、
テイクバックの時に
12時から11時方向に向かっている事を確認して下さい。

スライスの方は10時方向でも良いです。

続きはぜひ動画をご覧下さい。

続きはコチラ ⇒ スライス撲滅プログラム

 

スライスをインサイドアウトで修正

スライスをインサイドアウトのスイングで
修正する方法のご紹介です。

1つはバックスイングです。

バックスイングでクラブを引くときに
体重移動しないようにしているので、
肩が落ちてしまう方も多いです。

その結果体が上下に運動してしまい、
揺れる原因となります。

また、腰も横にスエーしないように注意します。

続きはコチラ ⇒ スライス撲滅プログラム

スライスを改善するための練習法

スライスを改善するための練習法のご紹介です。

コーチは吉本巧コーチです。

とてもわりやすい内容です。

またハブリックの練習場での練習ですので、
どなたでも簡単に取り入れる事が出来る
環境ですので取組やいと思います。

ぜひ動画をご覧下さい。

続きはコチラ ⇒ スライス撲滅プログラム